専門学校で介護のプロになる

介護士のメリット

Permalink

介護士のなるメリットはたくさんあります。その一つに、世の中のニーズが大きい職業であるため、就職しやすいことが挙げられます。また、老人施設や障害者施設、在宅など働ける職場もたくさんあります。それに、ライフスタイルに合わせて様々な働き方ができるのも魅力です。正社員としてフルで働くこともできますし、パートタイマーとして働くことも可能。また、夜勤専門で働くこともできますので、自分に合った働き方が選択できるといったメリットがあります。また、この職業は人から感謝される仕事です。それは、利用者だけでなく利用者の家族からも同じように感謝されます。

介護福祉士として実績を積んだ後は更にスキルアップすることも可能。例えば、実務経験を積んだ後に、「認定介護福祉士」を目指すこともできます。また、一年以上の実務経験があれば、「医療介護福祉士」を目指すことも可能です。

社会人が専門学校などで学び、介護福祉士を目指すことももちろん可能です。昼間は仕事をしながら、夜に学べる学校もありますので、社会人の方や主婦の方でもやる気があれば十分資格取得は可能です。確かな知識や技術を身につけて資格を取得し、新しい分野で一から始めてみるのも良いでしょう。

介護福祉士について

Permalink

介護福祉士は国家資格の一つであり、介護職の中で唯一の国家資格でもあります。介護福祉士になる為には、いくつかの方法があるのですが、専門学校にて学び資格取得を目指すこともできます。介護の技術や知識はもちろん、福祉の基礎やコミュニケーション能力、体やこころについてなど、多くのことを学ぶことができます。介護福祉士の資格を取得した後は、老人ホームやデイサービスセンターをはじめ、障害者支援施設や身体障害者療養施設など様々な場所で働くことができます。また、こういった施設に限らず、自宅に足を運び介護を行ったり家事や買い物など生活支援を行う仕事もできます。

現在は、専門学校や大学などで学び卒業することができれば、国家試験を受けなくても介護福祉士の資格を取得することができます。しかしながら、2022年以降はこれとは異なり、専門学校などで学び卒業した場合であっても、国家試験に合格しなければならなくなります。

介護福祉士は、心身共に健康であり強い人が向いていると言えるでしょう。介護職は、利用者を移動させたり入浴介助をすることも多いので、体力勝負であると話す方もいます。また、やはり優しくて気配りができたり思いやりがある方が向いていると言えます。